2010年12月16日

クリスマス・イルミネーション、復活!

trirumi6.jpg trirumi5.jpg

イルミネーションフェスティバルin原村「星降る光のページェント」開催中るんるん

諏訪郡原村にある、第1ペンションビレッジと第2ペンションビレッジを結ぶ
約1.2kmに、4万球のイルミネーションを取り付け
2011年1月31日(月)まで点灯されていますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

昨年は不具合で点灯できなかった、
高さ約20mの大イルミネーションツリーが復活exclamation×2

生きている木にかかるものとしては世界最大級だそうですクリスマス

凍てつく冬の夜空に瞬く満天の星たちにも負けない、素敵なイルミネーションでするんるん
ぜひ、機会があれば見に行ってみてくださいハートたち(複数ハート)




信州・諏訪からの水維新 強命水「活」
   
『活』でつくった “保湿 化粧水” 煌乃ローション
  http://www.katsuaem.com/



posted by kacchan at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

健康水「活」の地元、信州・諏訪の観光スポット!

健康水「活」の地元、信州・諏訪の観光スポット!

健康水「活」は、クチコミで全国各地へ広がっています。
その「活」の地元、信州・諏訪のおすすめ観光スポットは

諏訪湖夕暮れ.JPG「諏訪湖」るんるん

 朝日のような、夕日のような
 幻想的(!?)な写真が
 とれましたひらめき


信州・諏訪にお越しの際には、
季節折々の諏訪湖にお立ち寄りくださいね晴れ



信州・諏訪からの水維新 強命水「活」
   
『活』でつくった “保湿 化粧水” 煌乃ローション
  http://www.katsuaem.com/


posted by kacchan at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

『活』本社ショールーム近くの「ミニ御柱」

CIMG3718tori.JPG CIMG3719tori.JPG

今年は、信州・諏訪地域御柱祭一色に染まりましたexclamation×2
諏訪大社御柱祭は、ニュースなどでも報道されるような大きな祭りですが
その他にも「小宮」と呼ばれる小規模な御柱祭が開催されますわーい(嬉しい顔)

この「小宮御柱祭」は秋がピークで、そろそろ一段落。
諏訪6市町村の各地区にある、地元の氏神様・鎮守様など
大小様々な神社のほとんどに御柱が建てられますexclamation×2

『活』本社ショールーム近くでも「三の丸温泉」のつくばいの隣と、
道路の向かい側にミニ御柱が建てられていまするんるん

秋の風情に染まるつくばいの景色もなかなかオツなものですよいい気分(温泉)
posted by kacchan at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

信州ゲテモノ食い〜バッタソフトはいかが?

SN3L0060.JPG  この衝撃画像を見よexclamation×2

  ということで…いきなりドン引きしてしまった方、
  ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)

  今回は信州の食文化についてexclamation&questionですダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

  昔から「信州のゲテモノ食い」  
といわれるように、高い山々に囲まれた信州
食糧事情は必ずしも良くなかったところですふらふら

山深い信州の貴重なタンパク源として

「ハチの子」「ざざ虫」「イナゴ」「蚕のさなぎ」が食卓に上っていましたあせあせ(飛び散る汗) 

私も一信州人として…「イナゴの甘露煮」はよく食べますわーい(嬉しい顔)

スーパーとかでも、「イナゴの甘露煮」は普通に売ってますexclamation×2

CIMG3215.JPG  ということで、話は元にもどりますが…

  件(くだん)「バッタソフト」
  その「イナゴの甘露煮」がトッピングされてますふらふら

  信州のゲテモノシリーズということで今年から発売され、
  
第二弾の「蚕のさなぎの甘露煮」をトッピングした
ソフトクリームも、この度発売されたそうですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

※画像をクリックすると拡大して見れますカメラ右斜め上

味的には、甘露煮の甘しょっぱさが、ソフトに合わない
ということはありません…が、ビミョーですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

販売しているのは、諏訪湖畔の売店です。
遊覧船乗り場の桟橋になってるので、諏訪湖観光に訪れた
県外の観光客や、修学旅行の女学生などが

「コワイモノ見たさ」 で購入していくとかあせあせ(飛び散る汗)

ただし、今年は猛暑晴れのため、すぐにソフトクリームが溶けだすので
「イナゴ」を先に食べた方がよいかもexclamation×2

かくいう私も、貴重な一匹を落としてしまいましたので…もうやだ〜(悲しい顔) 

さあ、勇気のあるあなた、信州の食文化に挑戦してみませんかexclamation&question
  


  信州・諏訪からの水維新 強命水「活」
   
『活』でつくった “保湿 化粧水” 煌乃ローション
  http://www.katsuaem.com/
 
posted by kacchan at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

下諏訪町・万治の石仏〜あの岡本太郎も絶賛

いよいよ間近に迫ってきた『御柱祭』
諏訪の地では4月2日(金)から諏訪大社上社の山出しがはじまりますわーい(嬉しい顔)
諏訪大社下社の山出しは、翌週の4月9日(金)からということで、関係各所は準備に追われていますあせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)

万治の石仏9.JPG  左の迫力ある石仏は諏訪大社下社春宮から徒歩数分、
  旧参道脇を少し入ったところにドシンと鎮座していますexclamation×2

  その名を「万治の石仏」と言い
  「芸術は爆発だ!」で有名な芸術家、岡本太郎氏も絶賛  
  「こんなに面白いもの見たことない」と言われたとかexclamation×2

  また、数年前のテレビ番組で「首が伸びる」
  話題になったこともあるなど、下諏訪町の人気観光スポットとなっていまするんるん

万治の石仏1.JPG 万治の石仏2.JPG

※右の写真は、その岡本太郎氏揮毫の石碑

万治の石仏4.JPG 万治の石仏5.JPG

この石仏にまつわる伝説や、お参りの仕方もとてもユニークexclamation×2
なるほど「万治=よろづおさまる」、私もしっかりお参りしましたわーい(嬉しい顔)るんるん

万治の石仏6.JPG 万治の石仏7.JPG

イースター島の有名なモアイ像にも通じるものを感じるこの石仏、
諏訪へお越しの際はぜひ訪れてみてくださいexclamation×2かわいい


信州・諏訪からの水維新 強命水「活」
 
『活』でつくった “保湿 化粧水” 煌乃ローション
http://www.katsuaem.com/

posted by kacchan at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

諏訪地域の「をかし=面白い&お菓子」なイベント!

JR中央東線沿線を、臨時列車「スワいち号」で回りながら、
諏訪エリアのおいしい和洋菓子などを食べ歩くイベント

「スワいち」が2月20日(土)に行われましたハートたち(複数ハート)

スワいち2010パンフ.jpg 「スワいち」は、今年で4回目。
  約200店舗が参加し、岡谷〜富士見駅間の広域で
  開催されるとあって、年ごとに盛況さを増す

  諏訪地域の人気イベントですわーい(嬉しい顔)るんるん
  季節の和洋菓子からお好みの三品を選べる
  「バイキング」は、前売り券の販売もある人気の取り組み黒ハート

地元の美味しい手作りスイーツ
たっぷり堪能できるとあって、各エリアで工夫された

“をかしまつり”には家族連れなどでたいへん賑わっていましたるんるんるんるんわーい(嬉しい顔)

スワプラザ入口.JPG をかしまつり2010.JPG  

写真の右は、上諏訪駅エリアのメイン会場「スワプラザ」入口

7年に一度の諏訪の大祭「御柱祭」にちなんで曳き綱を展示。

「活」スワプラザショールームもこの日は大盛況exclamation×2ダッシュ(走り出すさま)
写真右はスワプラザの3F、メイン会場の様子。思い思いに買い求めた
お菓子で一服るんるんかわいい   

篠原スワいち2.jpg 篠原スワいち1.jpg

上の写真は富士見駅エリア
左は、職人さんの指導のもと、和菓子作りに挑戦している様子ぴかぴか(新しい)
右は、「“いとをかし”利きコーヒー」のコーナー喫茶店

たのしくておいしい冬の名物イベント、参加したみなさんの
満足そうな笑顔が印象的でしたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)
 

信州・諏訪からの水維新 強命水「活」
 
『活』でつくった “保湿 化粧水” 煌乃ローション
http://www.katsuaem.com/

posted by kacchan at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

『活』ショールーム近くに「温泉のつくばい」

このところ、どうも気温が上がったり下がったり…なかなかからだが追いつきませんねもうやだ〜(悲しい顔)

みなさま、風邪などひかずにお過ごしでしょうかexclamation&question

雪のさなかに、「ホットな話題」をひとつお届けいたしますexclamation×2いい気分(温泉)

『活』諏訪ショールームの近くには
高島城があるのはすでにご存じかと思います。

その高島城からJR上諏訪駅方面に向かう道路の途中に、高島藩ゆかりの建造物がひとつ完成、
先日竣工式がありましたわーい(嬉しい顔)

その地は、かつて高島藩主の意向でつくられた「三の丸温泉」いい気分(温泉)があり、
藩主が使用していましたが、明治維新以降は旧藩士に維持管理が受け継がれました。
その後、大正晩年近くからは共同浴場に建て替えられて、地元住民が利用していましたが、
利用者減少により14年前に閉鎖。

三の丸温泉3.JPG  今回、「三之丸蔵まち通り景観づくり委員会」
  を主体に、その跡地に温泉を引いた「つくばい」
  設置されましたいい気分(温泉)わーい(嬉しい顔)
  冬の冷たい空気にほわっと立ちのぼる白い湯けむり…
  なんとも風情を感じますねいい気分(温泉)
  
  「つくばい」とは、手水鉢(ちょうずばち)の一種。 

三の丸温泉5.JPG 三の丸温泉7.JPG

注連縄を飾った、八ヶ岳に見立てた石からちょろちょろと湯が流れ、諏訪湖に見立てた石に注いでいます。
傍らには、がちょこんと置かれ、おめでたいイメージるんるんいい気分(温泉)
観賞はもちろん、寒い冬などは、手を浸けて温めることもできるそうですわーい(嬉しい顔)いい気分(温泉)

「高島城」〜「三の丸温泉つくばい」〜「宮坂醸造丸高蔵の黒塀」〜
「みそ茶屋・千の水」〜「足る湯(味噌樽をつかった足湯)」


と、散策路に流れが出来たので、『活』諏訪ショールームにお越しの際は
ぜひ高島城近辺を歩いてみてくださいるんるんexclamation×2



信州・諏訪からの水維新 強命水「活」
 
『活』でつくった “保湿 化粧水” 煌乃ローション
http://www.katsuaem.com/

posted by kacchan at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

平成の水百選/まつもと城下町湧水群〜12

信州の中央部、国宝松本城城下町として知られる松本市

「平成の名水百選」として、環境省より選定された

『まつもと城下町湧水群』のご紹介も今回が最終回もうやだ〜(悲しい顔)

今年の3月から断続的に掲載してきましたが、長らくのお付き合いありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

第12回目=「大名町大手門井戸・松本城大手門駐車場の湧水」

大手門井戸1.JPG  その名も大名町通り、という
  北へまっすぐ進めば松本城に至る広い道があります。

  この大名町通り左手
  市内の観光や買い物にもアクセス便利な
  「松本城大手門駐車城」 の広いスペースが目に入ります目

  この、歩道に面した側に木の看板とともにあるのが
                    「大名町大手門井戸」です。
大手門駐車場1.JPG 大手門駐車場2.JPG

その駐車場には、こんな不思議なかたちの湧水も湧き出ていて
「大手門井戸」とともに要チェックexclamation×2

この「大手門井戸」のそばにはベンチもあり
ちょっとひと休みすることもできまするんるん

本当に、こうして改めて見直してみると、信州・松本
湧水のまちだということを感じますね。


※詳しい場所や地図などは、「まつもと城下町湧水群」で検索してみてくださいわーい(嬉しい顔)


「水にこだわるブログ」では、折に触れ、
諏訪地域以外の湧水もご紹介いていきたいと思いますわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)



信州・諏訪からの水維新 強命水『活』
『活』 でつくった “保湿 化粧水” 煌乃ローション
http://www.katsuaem.com/





posted by kacchan at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

信州・岡谷の重要文化財「旧林家住宅」

信州・諏訪湖周辺といえば、温泉や観光のほかには
「精密加工技術の集積地」という一面も持ち合わせている
工業の盛んな地域でもありますわーい(嬉しい顔)

諏訪湖の北側に位置する岡谷市は、明治維新以降、
日本近代産業を支えた製糸業の一大中心地として栄えた街です。

今回ご紹介する「旧林家住宅」は、経済産業省認定・近代化産業遺産であり、
国の重要文化財でもあります。

旧林家住宅3.JPG 旧林家住宅4.JPG

「シルク岡谷」として世界的にその名をとどろかせ、最盛期には
日本の生糸輸出の約三分の一を岡谷が占めていたこともあるほど。
中でも、岡谷の製糸業発展基盤を築いた三大製糸家のひとりが、
林国蔵で、この住宅の創建者でもあります。

旧林家住宅18.JPG 旧林家住宅19.JPG

写真の通り、瓦葺の母屋に洋館が併設された珍しい作りになっていて
洋間の隣り合わせに茶室があるなど、早くから世界に目を向け
外国人客の接待にも心配りをしたとみられます。

旧林家住宅11.JPG  左写真はレプリカですが
  「金唐紙(キンカラガミ)」という大変貴重な壁紙です。
  この旧林家住宅には、「金唐紙」
  天井・壁などに貼りめぐらせた一室が
  現存しており、当時のものが
  そのままの状態で残っているのは、
  日本唯一だそうです。
  
  ほかにも、意匠を凝らした欄間彫刻や照明器具、
  珍しいガスストーブや寄木細工の床など
  いかに当時の大製糸家の財がすごかったかを
  伺い知ることができましたわーい(嬉しい顔)

旧林家住宅7.JPG 旧林家住宅14.JPG

旧林家住宅8.JPG 旧林家住宅12.JPG

旧林家住宅13.JPG 旧林家住宅17.JPG

中庭の景色や手水(チョウズ=手洗い水)なども凝っていて、
常駐のスタッフの方の案内を受けながら
地元に住んでいながら初めて見学させてもらったので
びっくりの連続で見て回りましたあせあせ(飛び散る汗)
自分の住んでいる街の歴史を学べたことは大変収穫でしたるんるん

旧林家住宅9.JPG 旧林家住宅10.JPG

※内部の写真もスタッフの方の許可を得て撮影カメラしています。

「旧林家住宅」=営業期間/3月〜11月末日(休館日あり)、12月1日〜2月末日は休館。
  問い合わせ先/市立岡谷蚕糸博物館・岡谷美術考古館 TEL.0266-22-5854



信州・諏訪からの水維新 強命水『活』
『活』 でつくった “保湿 化粧水” 煌乃ローション
http://www.katsuaem.com/





posted by kacchan at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

信州・飯田の「元善光寺御開帳」

4月5日〜5月31日までの期間、信州南部の飯田市にある「元善光寺」では
7年に一度の“御開帳”が行われました。

長野市「善光寺」“御開帳”は、全国的にも有名ですが
寺として起元はこちらの方が古く、この両方にお詣りしなければ
“片詣り”と昔から伝えられています。

元善光寺4.JPG 元善光寺3.JPG

信州人として、まだ一度も「元善光寺」にお詣りしていない私…あせあせ(飛び散る汗)
最終日にようやくいってまいりましたわーい(嬉しい顔)

あいにくの天気でしたが、それでも老若男女人出は多く、
写真上右の“回向柱”を触り、願い事をすることから始まりますぴかぴか(新しい)

本堂に入り“一光三尊の御本尊”をお詣りし、宝物殿拝観や
同時に行われていた「四国三十三カ所札所観音」の特別参拝、
「お戒壇巡り」を一通りこなしてまいりましたるんるん

元善光寺2.JPG 水引工芸館1.jpg

上の写真左側は、「元善光寺」の境内にある素敵な水場ぴかぴか(新しい)
写真右は、飯田の特産品でもある“水引”の工芸館で
「水引の里・山都飯田」という施設の水車ですわーい(嬉しい顔)

“水引”といえば、今東京都が招致活動をしている五輪のシンボルマークは
この水引をイメージしたものですね、蛇足ながら…あせあせ(飛び散る汗)

信州は南北に長い県ですので、気候風土も北部や中部とは異なります。
飯田市を中心とした南信州は温暖で人も温かいよいところ、
機会がありましたらぜひお出かけしてみてはexclamation&questionわーい(嬉しい顔)



信州・諏訪からの水維新 強命水『活』
『活』 でつくった “保湿 化粧水” 煌乃ローション
http://www.katsuaem.com/





posted by kacchan at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

信州・茅野市の「幸せの道」

七年に一度の天下の大祭「御柱祭り」を来年に控え、
諏訪大社上社木落としが行われる場所から続く新たな観光スポットをご紹介しますexclamation×2

木落坂→宗湖寺→貧乏神神社→おかめ神社

このほぼ真っすぐなルートを「幸せの道」というそうでするんるん

宗湖寺4.JPG 御膳水法の真水4.JPG

まずは、上記写真の「宗湖寺」にて「御膳水 法の真水(ごぜんすい のりのましみず)」で手を洗い、お参りを。
このお水に関しては、弊社発行の「活き活き通信」でも、改めて紹介したいと思いますわーい(嬉しい顔)

貧乏神神社1.JPG 貧乏神神社5.JPG

次に、丸井伊藤商店という味噌屋さんの中に「貧乏神神社」があるので、案内に従って厄(貧乏神)を落とします。
「貧乏神神社」はとてもユニークるんるん。本社は信州・飯田にあり、東京・亀戸にも分社があるそうですわーい(嬉しい顔)
※興味のある方は貧乏神神社のホームページを見てみてはexclamation&question

おかめ神社3.JPG  そして最後に「おかめ神社」で福を授かります。

  観光客にも人気のスポットですので、
  諏訪
にお越しの際は
  ぜひ足を延ばしてみてはいかがでしょうかグッド(上向き矢印)exclamation×2




信州・諏訪からの水維新 強命水『活』
『活』 でつくった “保湿 化粧水” 煌乃ローション
http://www.katsuaem.com/





posted by kacchan at 17:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

『活』ショールーム周辺でお菓子イベント

去る2月28日(土)に、JR中央東線沿線の5駅前を中心に

「スワいち」というイベントが開催されましたるんるん
このイベントは、諏訪エリアの各会場で同時に
“おいしいもの・たのしいこと”をたくさん集めて行われる体感型イベントわーい(嬉しい顔)
大勢の家族連れなどが、特別臨時列車「スワいち号」(岡谷〜富士見間2往復無料運行)
利用しながら各会場を回り、
食べる・歩く・見る・聴くなどの各イベントを楽しんでいました船わーい(嬉しい顔)

上諏訪エリアでは『活』ショールームのあるスワプラザビルを中心に
様々な「おいしい」イベントが賑やかに行われましたるんるんわーい(嬉しい顔)

スワいち1.JPG プラザ-3.JPG
※スワプラザ3F“をかし”まつり会場(写真左)と同ビル1F『活』スワプラザショールーム

『活』スワプラザショールームにも
無料血流観察や、『活』の試飲、『活』入りドリンクで一服など
通常の営業日に比べてかなり大勢のお客様が立ち寄ってくださいましたグッド(上向き矢印)

また、上諏訪駅前から『活』本社ショールーム付近まで
散歩気分で歩く道すがらでにも、「えんにち」や「スイーツ会席」の会場などがありましたレストラン喫茶店

今年で3回目のこのイベントも年ごとにグレードアップグッド(上向き矢印)
年配の方からお子さんまで、年齢・性別を問わずにみんなで楽しめる
催しとして定着しているようでしたわーい(嬉しい顔)

スワいち5信濃.JPG スワいち8パンフ2.JPG
※元料亭・信濃が「スイーツ会席」会場(写真左)。右の写真は「スワいち」の総合案内パンフレット



信州・諏訪からの水維新 強命水『活』
『活』 でつくった “保湿 化粧水” 煌乃ローション
http://www.katsuaem.com/




posted by kacchan at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

信州・白樺湖畔「12th 白樺湖氷燈祭」に行きました

八臣下の雫5.JPG  信州・白樺湖畔の楽しみはにもあり!
 ということで、昨年12月20日から開催中
  「12th 白樺湖氷燈祭」をご紹介わーい(嬉しい顔)カメラ

  会場・白樺湖畔(イベントホール白樺)
  期間・〜2月15日(日)
  時間・平日12:00〜20:00、土日祝10:00〜21:00
  主催・白樺湖観光協会/共催・茅野市観光連盟
※冬の白樺湖の風景

今年で12回目を迎えたこの催しは、中国・ハルピンの氷燈祭に学び、
年ごとに異なる国をテーマに取り上げているそうでするんるん
今年のテーマは「韓国・台湾」
「南大門」「多宝塔」「友好の塔オブジェ」「中正記念堂正門」などの
氷燈建造物を制作、五色にライトアップされ
幻想的な雰囲気を醸し出していましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

白樺湖氷燈1.JPG 白樺湖氷燈2.JPG
白樺湖氷燈3.JPG 白樺湖氷燈5.JPG

会場には氷の滑り台も設置されており
お子さんでも楽しめまするんるんるんるん
氷燈建造物をバックに記念撮影カメラをしている
壮年のご夫婦や若いカップルもいて、そこだけ温度が上がっているようなexclamation&question

2月15日まで開催されているので
蓼科高原各地氷柱氷瀑氷塊雪いい気分(温泉)などのお楽しみと合わせ
ぜひ冬の信州を満喫しにいらしてくださいexclamation×2

もちろん、信州・諏訪にお越しの際は、
『活』ショールームにもお立寄りくださいませわーい(嬉しい顔)


信州・諏訪からの水維新 強命水『活』
『活』 でつくった “保湿 化粧水” 煌乃ローション
http://www.katsuaem.com/



posted by kacchan at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

信州を代表する諏訪大社〜下社秋宮

信州・下諏訪町といえば、中山道と甲州街道が交わる宿場町、下諏訪温泉を有する温泉町、そして、諏訪大社下社のお膝元でもあり、古くからの歴史と文化が息づく町でもあります。

JR下諏訪駅からも比較的近く、道路のアクセスもわかりやすいこと、そして温泉街からも近いという地の利があるので、平日でも参拝客が絶えませんわーい(嬉しい顔)

CIMG0920.JPG CIMG0930.JPG
※写真左=「御神湯」、写真右=「おんばしらパーク」

上の写真は、「御神湯」という御手洗。温泉が龍の口から流れているので、ここで手を清めます。
ちなみに、秋宮を下諏訪駅方面少し下った所にある「おんばしらパーク」にも、龍の口から温泉が流れ出ていましたわーい(嬉しい顔)

また、境内には御手洗川という清流があり、鳥居手前の左手の千尋池に流れ込んでいます。

CIMG0923.JPG CIMG0922.JPG
※写真左=神楽殿、写真右=幣拝殿

鳥居の次には神楽殿があり、両側に大きな狛犬を従え、圧倒される程の太さの巨大な注連縄が目を引きます。
この注連縄は「御柱祭」の際に新しく奉納され、重さは何と1トンもあるそうですexclamation×2

奥には幣拝殿がどっしりと控えていて、この四隅に「御柱祭」の四本の御柱が建てられています。

信州・諏訪にお越しの際は、ぜひ下諏訪町にも足を延ばしてみてくださいかわいい


信州・諏訪からの水維新 波動強命水「活」 http://www.katsuaem.com/

posted by kacchan at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

「信州」岡谷のお盆の風物詩

弊社、8月14日〜17日までお盆の連休をいただき、本日より通常業務に戻りましたわーい(嬉しい顔)

お盆は、故郷に帰省したり、旅行を楽しまれたり、またお仕事だったという方まで、みなさまはどのようにお過ごしになりましたかexclamation&question

さて、私の住む地元・信州・岡谷市では、このお盆の期間中の恒例行事として、
「花火まつり」と「とうろう流し」が毎年行われています。
8月15日に華々しく開催される信州・諏訪市「諏訪湖祭湖上花火大会」とは規模的にもだいぶ違い、本当に地元民のひそやかな催しといった感があります。

残念ながら未熟な私の腕では、花火と湖上に浮かぶとうろうをセットで撮影カメラすることはできませんでしたが、1000灯以上のとうろうが湖上をたゆたい、上空に花火が打ちあがる様は何とも風情があります。

okayahanabi-1.jpg okayahanabi-3.jpg

静かに先祖の御霊を送るやさしく地味な雰囲気を、私は大変好ましく感じましたわーい(嬉しい顔)


信州・諏訪からの水維新 波動強命水「活」 http://www.katsuaem.com/

posted by kacchan at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

信州へおいでなして(いらっしゃい)

『活』の地元、信州・諏訪ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
長野県の中央あたりから右下方が、諏訪地域です。
    ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

     nagano-map.gif

さて、突然ですが、問題ですひらめきひらめき
諏訪地域のふしぎな言葉の意味わかるかな??
全部わかれば、熟知度120%exclamation&question
(諏訪地域のなかでも地域性がありますのでニュアンスに違いもあります。あしからず)

問1.おめた、めたくえ。
問2.そこへ、いっつら?
問3.よいてこしょ
問4.ほうずら?
問5.ごしたい



正解は・・・
posted by kacchan at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

扇絵展会場でギャラリートーク♪

活き活き通信7月号でも紹介した、信州・下諏訪町出身の扇絵師・是文さんの個展が、同町の諏訪大社下社秋宮そばにある古民家・春屋で7月12日(土)〜20日(日)までの会期で開催されました。

「美・洒落・粋 是文扇絵展」と題された個展は、是文さんにとって10年の節目に初めて故郷で行われたもの。
師匠である浅草・文扇堂四代目の荒井修氏が19日(土)に同会場を訪れ、江戸扇子の歴史、扇発注の中での歌舞伎俳優とのエピソード等を話巧みに講演されていましたわーい(嬉しい顔)

是文さんの身内に波動強命水『活』の愛用者の方がいて、健康雑誌「はつらつ元気」にも掲載が予定されているのですが、そういったご縁から今回伺った次第。
洒脱で遊び心のある扇絵の世界を楽しんできましたるんるん

CA390191.jpg CA390190.jpg

※写真左=師匠の荒井さんは江戸っ子気質の話し口で軽妙なトークを展開。
写真右=是文さん。手前の扇は自身が書いた役者絵。



信州・諏訪からの水維新 波動強命水「活」 http://www.katsuaem.com/
posted by kacchan at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

豊科近代美術館のバラ

信州の水どころとして県外にも広く知られた安曇野地域
北アルプスを間近に感じる自然豊かなイメージですが、近年は長野県内における工業製品出荷額でも、安曇野地域は存在感を示していますグッド(上向き矢印)

長野道豊科I.C.出口から車車(セダン)で5分程のところに位置する安曇野市豊科近代美術館は、安曇野市中心部のオアシス的な役割も備えていますかわいい

建物は「中世修道院をイメージした重厚感あるロマネスク様式」とのことで、梅雨の晴れ間の青空によく映える白い外壁がまぶしかったです。
また、バラを中心とした庭園は無料開放されていて、今回のドライブの目的でもありました車(セダン)

CIMG0674.JPG
※美術館の外観。洋画のセットのような雰囲気

残念ながら、見ごろは少し過ぎてしまった感がありましたが、近づいていくとバラの甘い香りが辺りに漂ってきますかわいい
庭園には噴水やベンチ、芝生などが整備され、憩いと癒しの空間となっていましたわーい(嬉しい顔)

CIMG0675.JPG CIMG0678.JPG
※庭園の色とりどりのバラや花たち


信州・諏訪からの水維新 『活』 http://www.katsuaem.com/
posted by kacchan at 14:52| Comment(1) | TrackBack(1) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする