2013年02月23日

強命水 活 と 笑亀酒造 のオリジナル清酒! 純米酒「活の極」の味わい

強命水 活
長野県塩尻市の老舗の造り酒屋 笑亀酒造 (しょうきしゅぞう) がコラボした
オリジナル清酒、純米酒 活の極 (きわみ)。

完成した試作品のお酒を飲んでみました!

純米酒 活の極 の栓を開け、最初に感じたのは、フルーティな日本酒の香り。
清酒のとてもいい、爽やかな香り です。

純米酒 活の極 を注いでみると、「清酒」の名にふさわしく、
綺麗に澄んだ色 をしています。

そして、純米酒 活の極 をひと口。
少し辛口の日本酒でさっぱりとキレがよく、
なおかつ、まろやかさもあって、とても飲みやすい日本酒でした!

強命水 酒_2013.2.23.jpg


普段お酒はあまり飲まないほうですが、
おいしい日本酒にはどんなものが合うんでしょうか?!
強命水 活笑亀酒造オリジナル清酒 をきっかけに、
お酒の楽しみ方に興味がでてきました・・・!


≫ 強命水 活 と 笑亀酒造 のオリジナル清酒 その他の記事はこちら
(強命水 活 と 笑亀酒造 のオリジナル清酒は試作品のため、販売予定はありません)


長野県
強命水 活
信州・諏訪の水維新 
強命水 活 でつくった“保湿 化粧水煌乃ローション
タグ:強命水
posted by kacchan at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 強命水 酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

強命水 活 と 笑亀酒造 オリジナル清酒の試作品完成!

強命水 活 と、
長野県塩尻市の老舗の造り酒屋 笑亀酒造 (しょうきしゅぞう) がコラボした
オリジナル清酒の試作品が完成!!
本日、できあがった日本酒が手元に届きましたのでさっそくご紹介します!

その日本酒の名前は、純米酒 活の極 (きわみ)。
仕込水に、強命水 活 を100% 使用しています。

強命水 酒_2013.2.22_1.jpg   強命水 酒_2013.2.22_2.jpg

今は勤務中で自動車通勤のためお酒は飲めませんが、
どんな日本酒になっているか、とても楽しみです!

≫ 強命水 活 と 笑亀酒造 のオリジナル清酒 その他の記事はこちら
(強命水 活 と 笑亀酒造 のオリジナル清酒は試作品のため、販売予定はありません)


長野県
強命水 活
信州・諏訪の水維新 
強命水 活 でつくった“保湿 化粧水煌乃ローション
タグ:強命水
posted by kacchan at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 強命水 酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

諏訪の水維新!  『活』×「笑亀酒造」オリジナル清酒をつくる〜その5

長野県諏訪生まれの健康水「活」長野県塩尻市の酒蔵笑亀酒造(しょうきしゅぞう)がコラボしたオリジナル清酒の情報るんるん
今回は最新情報を皆様に動画でお知らせいたします目

この動画で笑亀酒造(しょうきしゅぞう)さんの伝統大切にしながら新しいものに意欲的に挑戦を続けていらっしゃる姿であったり、「活」オリジナル清酒をつくる仕込み作業の様子などがご覧いただけますぴかぴか(新しい)

詳しくは動画ぜひぜひご覧くださ〜いわーい(嬉しい顔)



1本2,000円で売られている『活』の水日本酒をつくるのは初めての試みとあって、とっても楽しみ〜ぴかぴか(新しい)
  
「活」オリジナル清酒、完成が待ち遠しいです〜るんるん
※なお、このオリジナル清酒は試作品のため販売予定はありません。

笑亀酒造株式会社
長野県塩尻市大字塩尻町140
電話=0263-52-0302(代)  FAX=0263-54-3410


『活』のオリジナル清酒の以前の記事は以下からご覧いただけます
『活』×「笑亀酒造」オリジナル清酒をつくる〜その4
『活』×「笑亀酒造」オリジナル清酒をつくる〜その3
『活』×「笑亀酒造」オリジナル清酒をつくる〜その2
『活』×「笑亀酒造」オリジナル清酒をつくる〜その1


長野県
強命水「活」
諏訪の水維新 
「活」でつくった“保湿 化粧水煌乃ローション
posted by kacchan at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 強命水 酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

諏訪の水維新!  『活』×「笑亀酒造」オリジナル清酒をつくる〜その4

長野県諏訪生まれの健康水「活」長野県塩尻市の酒蔵笑亀酒造(しょうきしゅぞう)がコラボしたオリジナル清酒をただいま仕込み中!

ということで、仕込み作業の様子を本ブログ内でも過去3回にわたり紹介して来ましたが、いよいよ熟成も進み、上槽(じょうそう)搾りと呼ばれる作業の様子を取材させてもらいましたカメラ

rs_DSC4918_s.JPG rs_DSC4921_s.JPG rs_DSC4928_s.JPG
rs_DSC4931_s.JPG rs_DSC4938_s.JPG rs_DSC4940_s.JPG
rs_DSC4935_s.JPG
  発酵が進んだ(もろみ)の状態。(上段左・中)

  自動圧搾機や遠心分離機などの
  機械をつかわないで行うということで
  全て杜氏さんの丁寧な手作業
  少しずつ布袋に移し(上段右・中段左)
  別の容器に並べていきます。(中段中)
 
  重石で圧力をかけながら搾り出すため、(中段右)
布袋の目が圧力で段々と詰まってくるので、最初は濁っていた酒の色が透明度を増してくるのです。(下段)

この搾りたてのお酒・・・一番最初はパンチの利いた味わいでしたが、日にちが経つにつれ落ち着くまでは味も変化するとい、段々と後味もすっきりした味わい深いものになっていくそうなのですわーい(嬉しい顔)

「活」オリジナル清酒、試作品の完成が待ち遠しいですね〜るんるん
※なお、このオリジナル清酒は試作品のため販売予定はありません。


笑亀酒造株式会社
長野県塩尻市大字塩尻町140
電話=0263-52-0302(代)  FAX=0263-54-3410
※笑亀酒造では随時蔵見学を受け付けているそうなので、興味のある方は直接お問い合わせを



長野県
強命水「活」
諏訪の水維新 
「活」でつくった“保湿 化粧水煌乃ローション









 
posted by kacchan at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 強命水 酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

諏訪の水維新! 『活』×「笑亀酒造」オリジナル清酒をつくる〜その3

長野県諏訪生まれの健康水「活」長野県塩尻市の酒蔵笑亀酒造(しょうきしゅぞう)がコラボしたオリジナル清酒をただいま仕込み中!

trCIMG0099.JPG  今回の仕込み取材と同日に行われていたのが、
  塩尻商工会議所主催の
  「塩尻知る知りゼミナール」(通称シリゼミ)
  商店街のお店の店主・従業員が講師となり、
  プロならではの専門的な技術やコツを無料で紹介する
  少人数制のゼミナール(シリゼミHPより)で、
  こちらの笑亀酒造も参加店となっているそうです。

新酒の仕込み体験ということで参加した2名の方が弊社のオリジナル清酒づくり作業にも加わってくださいましたるんるん

上記写真と以下に紹介する写真は、オリジナル清酒とは別につくる笑亀のお酒の仕込みの様子です。
巨大なタンクで行う仕込み作業のひと通りを、蔵人とともに体験。
その様子を、地元の新聞社である「市民タイムス」記者の方が取材されていましたカメラ

trCIMG0140.JPG trCIMG0111.JPG trCIMG0136.JPG trCIMG0133.JPG

写真左より/大釜で蒸し上げた酒米を食べて感触をみる。蒸米をシャベルで掘る。白い筒状の太い管から風を送って米を冷ます機械に移す。蒸米を入れる。

trCIMG0137.JPG trCIMG0139.JPG trCIMG0142.JPG trCIMG0143.JPG

写真左から/運ばれてくる蒸米を平らにならして冷めやすくする。出口からでてきた蒸米を素早く取り上げる。巨大タンクに掛けられた梯子に上り蒸米を投入(3〜4番目)。

これら一連の作業を体験された塩尻市民の方や、市民タイムス記者の方ともお話する機会がありましたわーい(嬉しい顔)

今回『活』の水をつかっての仕込みということで

『活』の名前は知っているし、テレビCMも見たことがありますよ」 

(テレビCMはコチラをご覧ください)

『活』ってあの高い水だよね、でも売れてるんだよね」

と、関心をもってくださいましたるんるん

また、笑亀酒造の杜氏でもある丸山社長は

「蔵の見学やこうした体験を通して、日本酒をもっと知ってもらうきっかけになれば。ぜひ、気軽に遊びに来ていただきたい」

とおっしゃり、『活』の水とのコラボレーションにも

「米を持ち込むのはやっているが、水を持ち込むのは今回が初めての試み」

というように、伝統を大切にしながらも新しいものに挑戦する意欲的な取り組みをなさっていますぴかぴか(新しい)

そんな信州の地元企業を応援し、少しでも地域の活性化や話題づくりのお手伝いができればと思いますわーい(嬉しい顔)

『活』×「笑亀酒造」オリジナル清酒は、12月上旬くらいの仕上がりとのことぴかぴか(新しい)
どんな日本酒になるのか、仕上がりが楽しみですね〜るんるん
オリジナルラベルでの『活』の清酒が出来あがりましたら、またご紹介したいと思いますexclamation

笑亀酒造株式会社
長野県塩尻市大字塩尻町140
電話=0263-52-0302(代)  FAX=0263-54-3410

※新酒が出来あがるころの12月8日(土)〜9日(日)には笑亀酒造の蔵祭り「蔵祭れ!!冬の陣」が開催されます
※なお、このオリジナル清酒は試作品のため販売予定はありません。


長野県
強命水「活」
諏訪の水維新 
「活」でつくった“保湿 化粧水煌乃ローション


posted by kacchan at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 強命水 酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

諏訪の水維新! 『活』×「笑亀酒造」オリジナル清酒をつくる〜その2

長野県諏訪生まれの健康水「活」長野県塩尻市の酒蔵笑亀酒造(しょうきしゅぞう)がコラボしたオリジナル清酒をただいま仕込み中!

trCIMG0041.JPG  前回のお知らせした仕込みの様子を
  蔵元の撮影許可を得て取材しましたカメラ

  写真左が、使用する『活』の水と
  特別栽培米・宮城県北部瀬峰産
  “ひとめぼれ”ですぴかぴか(新しい)

  三段仕込みで作業を行うとのこと。
  すでに、使用するは大釜で
  蒸す作業に入っていました。

trCIMG0058.JPG trCIMG0056.JPG trCIMG0057.JPG

こちらグッド(上向き矢印)が今回つくるオリジナル清酒のタンク。
0-1=『活』100%+「ひとごこち」(笑亀酒造使用の酒米)
0-2=『活』10%+「ひとごこち」(笑亀酒造使用の酒米)
0-3=『活』10%+「ひとめぼれ」(弊社持込米・宮城県瀬峰産特別栽培米)

trCIMG0042.JPG trCIMG0043.JPG trCIMG0050.JPG trCIMG0067.JPG

写真左から/酒の元となる水麹(麹に水を入れ、酵素を水に溶けださせておいたもの)。水麹を筒型の大きな容器に移す作業。麹の計量。0-1タンク用の『活』100%の水入れ。

trCIMG0072.JPG trCIMG0080.JPG trCIMG0083.JPG trCIMG0106.JPG

写真左から/『活』10%用の計量分。笑亀酒造使用の仕込水「強清水」90%と『活』10%をブレンドした水入れ。容器内の水と麹を櫂で軽く混ぜる。温度管理のための検温、平均8〜9℃くらい。
trCIMG0109.JPG trCIMG0117.JPG trCIMG0120.JPG trCIMG0124.JPG 

写真左から/大釜で蒸し上がった米。蒸した米を広げて冷ます作業。米を検温し適温にする。先ほどの筒型容器に米を投入し混ぜる。

右斜め上 右斜め上 右斜め上
三段仕込みの初回の一連の作業を紹介しましたわーい(嬉しい顔)

翌日は休ませ、3日目に二回目、4日目に三回目の仕込み作業を行い、発酵して日本酒になるまでを待ちますexclamation 

このように、蔵人の手作業による手間暇かかった匠の技によって美味しい日本酒がつくられるのですねぴかぴか(新しい)

オリジナル清酒はラベルのデザインや味の好みまで、オーダーメイドできるよう、きめ細かな対応をしてくださるそうです。
自分でつくった米を持ちこんで「自家製」の感覚を楽しんだり、結婚式などの記念として思い出に残る一品をオーダーできるのも嬉しいですねぴかぴか(新しい)

笑亀酒造株式会社
長野県塩尻市大字塩尻町140
電話=0263-52-0302(代)  FAX=0263-54-3410

笑亀酒造の取材記事は次回に続きます 
※なお、このオリジナル清酒は試作品のため販売予定はありません。


長野県
強命水「活」
諏訪の水維新 
「活」でつくった“保湿 化粧水煌乃ローション


posted by kacchan at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 強命水 酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

諏訪の水維新! 『活』×「笑亀酒造」オリジナル清酒をつくる〜その1

長野県諏訪生まれの健康水「活」長野県塩尻市の酒蔵笑亀酒造(しょうきしゅぞう)がコラボしたオリジナル清酒をただいま仕込み中!

実はこちらの笑亀酒造、お客様ひとり一人のニーズや用途に合わせたオーダーメイドの清酒をつくることができる珍しい蔵元なのですわーい(嬉しい顔)

日本酒の出来は、原料であるに大きく左右されるといいます。
「水にこだわる」会社同士、「活の湯」を利用してつくった「活」清酒をつくってみるのはどうだろう!

trCIMG0146.JPG  という話が持ち上がり・・・
  さっそく、弊社協力農家さんが
  丹精込めてつくった
  特別栽培米・宮城県北部瀬峰産
  “ひとめぼれ”「活」の水を、
  先日笑亀酒造に持ち込みました!

  そして、11月15日が初回の仕込み
trCIMG0147.JPG  ということで
その様子を取材してきました目

を持ちこんでの
「活」オリジナル清酒の仕込みは
4日間かけての三段仕込みで行われるとのこと。
初日の作業工程などはこのブログにて
順次紹介していきますので、お楽しみにるんるん

今回コラボしてくださった笑亀酒造
1883年(明治16年)創業の老舗の造り酒屋です。

trCIMG0148.JPG  店舗兼主屋・造蔵・穀蔵の三軒は
  国の登録有形文化財にも指定。

  蔵人の方に案内をしていただきながら
  蔵見学もできるとのことなので、
  歴史と伝統ある日本酒造りの
  現場の空気を肌で感じられる貴重な体験を
  してみてはexclamation&question

笑亀酒造株式会社
          長野県塩尻市大字塩尻町140
          電話=0263-52-0302(代)  FAX=0263-54-3410
trCIMG0149.JPG CIMG0156.JPG trCIMG0144.JPG 

※なお、このオリジナル清酒は試作品のため販売予定はありません。



長野県
強命水「活」
諏訪の水維新 
「活」でつくった“保湿 化粧水煌乃ローション


posted by kacchan at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 強命水 酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

諏訪の水維新!『活』で日本酒を製造することが決まりました

この度、諏訪の名水強命水『活』と長野県内のS酒造会社がタイアップして日本酒を製造することが決まりましたわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

が主な原料となる日本酒
はその約80%を占め、お酒の品質に大きく影響してくるとのこと。。。ひらめき
今回、そのお水強命水『活』を使うというのですから
初めての試みにスタッフ一同、わくわくしていますわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

実際、強命水『活』はコーヒー喫茶店などに入れるとまろやかになるとおっしゃってくださる方も多いですし、日本酒になった時の、香りのどごしがどんな風になるか今からとっても楽しみですわーい(嬉しい顔)るんるん

katsu2012.JPG hitomebore.JPG
こだわりの強命水『活』とお米でつくるとどんなお酒になるのか。。。

ちなみに強命水『活』のある信州は、酒造りに適したが豊富で日本国内の中でも日本酒蔵元が多い地酒王国と言われています目ぴかぴか(新しい)

強命水『活』でつくる日本酒の詳細は分かり次第皆様にお伝えしていきますかわいい

長野県
強命水「活」
信州・諏訪の水維新 
「活」でつくった“保湿 化粧水煌乃ローション
posted by kacchan at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 強命水 酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする