2008年02月02日

活き活き通信2月号&諏訪の湧水-3

月日の経つのは早いもの、あっという間に2008年も2月に突入ということで…あせあせ(飛び散る汗)
通信販売にて『活』をご購入のみなさまにお届けしている、毎月一回発行の手書のお便りである「活き活き通信」ですが、今月号から紙面がB4サイズにかわり、大きく見やすくなりましたるんるん

2008年2月号掲載の内容
活き活きライフスタイル-7=信州・茅野市は“寒天の里”〜美容と健康によい自然食品

諏訪の湧水-3/阿弥陀聖水(諏訪郡原村原山)
 八ヶ岳・阿弥陀岳山麓の別荘地の奥にある、知る人ぞ知る有名な湧水です。「病気が治ったから聖水の名が付いた」という説も(真偽の程は分かりませんが)。
阿弥陀聖水1.JPG  阿弥陀聖水3.JPG 

 それはともかく、諏訪ショールーム・スタッフの親御さんも汲みに行かれているそうで「大変口当たりの良いおいしい水であることは間違いない」とのことです!

ショールームへいらっしゃい!第7回
活NEWS-1=自社専用アフィリエイトパートナー募集!!
活NEWS-2=健康博覧会2008に『活』が出展します!
エー・イー・エムからのお知らせ
諏訪の話題から=寒の土用丑の日


posted by kacchan at 13:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 活き活き通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by まり at 2008年02月20日 18:26
初めまして!息子の副鼻腔炎が長引き薬を飲ませ続けるのをためらっていた時に、大好きな作家の群ようこさんの本に載っていた波動共鳴水を思いだし初購入しました。最初は飲む水で試した所鼻水が気にならない程になりましたが、咳が出ていた為お風呂に入れる水もすぐに購入しました。お風呂用は肌がつるつる、洗髪すれば髪がつるつるになりびっくりしました。私のシワも少しのびたようで、細胞一つ一つに水分が行き渡る感じがします。この驚きを同僚に伝える時「波動が記憶された水」というと「何それ!ありえない!」という人が大半の中、「水は大事だよ、波動もね」と『水は答えを知っている』という本を貸してくれました。内容は綺麗な言葉をかけた水の結晶写真等が載っていて、綺麗な言葉の波動が水を綺麗な結晶にする。汚い言葉の波動は結晶にならないと書いてありました。本を読み改めていい波動は人体に良い結果をもたらすのだなと感じ、私達が普段口にする残留塩素の入った水の恐ろしさに身の毛がよだつ思いです。波動共鳴水は水道水に入れると水が蘇る気がします。私自身内耳性めまいや、逆流性食道炎で毎食後沢山薬を飲んでいるので、体質改善するため息子と二人で活を続けていこうと決めました!
Posted by まり at 2008年02月20日 18:50
>まり様
ご投稿ありがとうございます。
「群ようこの良品カタログ」で『活』を知ってくださったのですね。
それをきっかけに初購入されたとのこと、ありがとうございます!
「ありえない!」という声もごもっともで、最初は諏訪地域でもなかなか信用されにくい商品でした。
発売して15年。今では、地元の長野県諏訪ではほぼ一般化しており、誰もが知っている商品になりました。
取扱販売店も70店舗あり、入院時のお見舞いに持参すると「大変いいものをもらった」と喜ばれています。
「食の安全」がゆらいでいる昨今、成分無添加の純粋な飲料水である『活』は、本当に安心して長期間お使いいただけまので、ぜひ継続してみてください。

Posted by エーイーエム at 2008年02月21日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック