2014年02月05日

寒の土用の丑の日にうなぎを食べよう〜強命水 活 の地元

みなさま、「寒の土用丑の日」というのをご存じですかexclamation&question

「土用丑の日」というのは一般的に「夏の土用」を指しますが、冬にも「土用丑の日」があるのです。
「寒の土用の丑の日」は、強命水 活 の地元・長野県諏訪地域にある岡谷市が発祥の地。
岡谷市は、もともと人口当たりのうなぎの消費量が全国でも上位でり、漁獲量も多かったことから、今でも市内にうなぎを扱う川魚店が多いまちです。

うなぎ店頭のぼり2.JPG  1998年に「うなぎのまち岡谷の会」が
  「寒の土用の丑の日」を記念日として
  登録(日本記念日協会)し
  2001年には岡谷商工会議所が
  商標登録をされているそうです。
  
  市内では「寒の土用の丑の日」近くになると
  このように店先にのぼり旗が立てられ
  売り出しやイベント(2/11うなぎまつり)、
  学校給食でも提供されています。

今年の「寒の土用の丑の日」は、1/18と1/30でしたが、
岡谷市では2/11に、岡谷市民総合体育館(スワンドーム)にて「うなぎまつり」を開催。
うなぎ蒲焼き.jpg岡谷のおいしい寒うなぎをはじめ
うなぎのたれを使ったB級グルメや、長野県各地から
ご当地どんぶりが集合。
例年おおぜいの人出でにぎわいますわーい(嬉しい顔)

夏の食べ物という印象のうなぎですが、旬は
秋から冬。
ビタミンA・Eや栄養が豊富な、脂がのって実が柔らかい
旬のうなぎをいまのこの時期に食べて、風邪予防にも役立てましょうexclamation×2

岡谷市だけでなく、下諏訪町諏訪市諏訪湖周にはうなぎの名店がたくさんありますのでこちらへお越しの際はぜひご賞味くださ〜いるんるん


......................................................................................
長野県 諏訪の不思議な水
強命水 活
諏訪の水維新
強命水 化粧水 保湿


posted by kacchan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック