2012年09月15日

諏訪の水維新! 北方御社宮司社に行ってみました!

諏訪神社といえば諏訪大社(上社・下社)があまりにも有名ですが、その他にも中小様々な神社が点在しています。
そうした、昔の地区ごとに建てられた小さな神社にも、大小の差こそあれ社や祠の四隅に「御柱」が建てられているのですexclamation

trCIMG7872.JPG  そんな小さな村社のひとつが、
  『活』の地元・長野県諏訪市大熊にある
  北方御社宮司社(きたかたみしゃくじしゃ)です。
  まだ新しい様子の鳥居の向こう側は
  下草が刈られた草地になっており、神社右手には
  子供のための遊具も備えられていましたるんるん

trCIMG7873.JPG trCIMG7877.JPG trCIMG7875.JPG

本殿(写真左)の左脇には小さな祠(写真中)が祀られており、その周囲にも小ぶりな御柱が建てられていましたexclamation
写真右端の御柱は、本殿の四隅に建てられているうちの一番大きな「一之柱」ですぴかぴか(新しい)

trCIMG7886.JPG trCIMG6441.JPG

この大熊諏訪市の西側・諏訪湖の南西側にあたり、
背後に西山山系を控えていて、そこから湧きだすのいくつかが、同市の水源のひとつとなっているそうですexclamation

神社の周囲には水路が複数あり、涼やかな水音が聞こえてきます耳

右上の写真は、小さな祠の裏手にあるの湧き出し口ですが、この暑さで水不足になったのでしょうか、今回訪れたときは残念ながら流れ出ていませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
(水が流れ出ている場面は、今春に撮影したもの)

この社と対になる「南方御社宮司社」もあるそうなので、機会があれば訪ねてみたいと思いますわーい(嬉しい顔)


長野県
  強命水「活」
信州・諏訪の水維新 
「活」でつくった“保湿 化粧水煌乃ローション




posted by kacchan at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県の水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック