2012年06月09日

チーム活「第9回Mt.富士ヒルクライム」に参戦!

長野県の水『活』の地元・長野県諏訪地域で活動する自転車ロードレースサークル
チーム活のメンバー4名が、6月3日(日)に行われた「第9回Mt.富士ヒルクライム」に参戦しましたダッシュ(走り出すさま)

trIMG_1287.jpg  富士山麓25kmのコースは
  標高差1270m、勾配平均5.2%(最大7.8%)。

  富士北麓公園をスタートし
  富士山五合目のゴール目指し
  11のカテゴリーで
  約5000人の参加者が健脚を競いますわーい(嬉しい顔)

チーム活からは4名が参戦しましたわーい(嬉しい顔)
※写真は左からロードレーサー男子35〜39歳部門=田中大介さん、小林貴之さん。同45〜49歳部門=田中義雄さん。(同12〜29歳部門の奈良井義貴さんは撮影時不在)

trIMG_1291.jpg右の写真は、ロードレーサー男子45〜49歳部門の表彰式の様子ですわーい(嬉しい顔)
写真・一番左端の青いユニホームがチーム活の大黒柱である田中義雄さん。
今回は同カテゴリーの参加者・約900名のうち見事
7位入賞
を果たしましたexclamation×2

trIMG_1299.jpg 田中義雄さんには、もうひとつサプライズがexclamation
 今大会の協賛社であるANA特別賞も受賞し
 2回も表彰ステージに登壇して緊張したそうですわーい(嬉しい顔)
 この特別賞は、各カテゴリーで7,8位入賞の
 人の中から抽選で5人が受賞したとのことで、
 田中さんもその一人。

運が味方した感じなので、このまま良い流れで次のレース(6/10=つがいけサイクルクラシック)に臨めることと思いますグッド(上向き矢印)

今大会はしっかり『活』入りのスペシャルドリンクを用意できたので、それが気持ちの支えになったそうですダッシュ(走り出すさま)
心拍数がMAX超えても「平常心で行ける!」と身体が反応してがんばれたとのこと。
上位選手の実力は拮抗しているので、田中さんも「トップとはちょっとの差! あとは気持ち的な問題」と手ごたえを感じたそうですexclamation×2

『活』はこれからもチーム活のみなさんを応援しますわーい(嬉しい顔)



長野県   強命水「活」
信州・諏訪からの水維新 
「活」でつくった“保湿 化粧水煌乃ローション









posted by kacchan at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | チーム活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック