2010年06月22日

『活の湯』をつかった米作り、今年も!!

P1000730.JPG  『活の湯』を使った米作り
  今年も作業が進んでいますexclamation×2  
  
  昨年からは協力農家さんにお願いし
  周囲の一番標高の高い棚田を使って
  「完全無農薬・有機農法・無消毒」 
  米作りにも挑戦中exclamation×2

地の利を活かし「他のところからの農薬等が入ってこない水」を使うので 

棚田の周囲には、雨水をためたいくつものため池があり
そのを有効に活用していまするんるんぴかぴか(新しい)

P1000726.JPG P1000727.JPG

そのため池には、赤紫や白など、可憐なスイレンの花かわいい
静かなたたずまいで咲いていますかわいいかわいい

ここ、宮城県北部は地域的に天候不順の土地柄あせあせ(飛び散る汗)
今年は、例年よりもよけいに天候がよくなく、の発育もイマイチあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

特別栽培米づくりで実績のある
  おなじみの田んぼでもしかり…あせあせ(飛び散る汗)たらーっ(汗)

  しかし、最初は稲の発育が出遅れていても
  収穫のころになると、いつの間にか良く成長しているといいます。

  過去4年間の実績があるので

今年も、成長は遅くても病気に強く味のよいお米
収穫が期待できますねexclamation×2わーい(嬉しい顔)


『食』は健康の基本です。
作り手の顔が見える、安心で安全なおいしいお米、今年も楽しみですねexclamation×2黒ハート


  信州・諏訪からの水維新 強命水「活」
   
『活』でつくった “保湿 化粧水” 煌乃ローション
  http://www.katsuaem.com/
 


  

  
  
posted by kacchan at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 強命水 活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック